スポンサーリンク

【新人看護師】高血圧を一緒に勉強しよう!!臨床で役立つこと間違いなし👌

看護師のお勉強

病院に入院している患者さんの多くは既往歴に高血圧をもっている方が多いです。

入院する前から高血圧の治療をしており、内服薬で血圧をコントロールしています。

そのため、入院患者さんを観察し看護する上で高血圧について知っておく必要があります。

新人看護師さんは学校で勉強はしてきたけど、そこまで詳しく覚えてないなどの悩みもあると思います。

ここでは、高血圧について一緒に勉強し、臨床で高血圧時の対処方法についてお話していきます。

高血圧とは

臨床では略語で表されることがあります。

HT(Hypertension)ハイパーテンション

高血圧の定義は、高血圧学会のガイドラインによると

基準値 140/90㎜Hg以上

75歳未満の成人 130/80㎜Hg以上

75歳以上の高齢者 140/90㎜Hg以上

糖尿病患者 130/80㎜Hg以上

高血圧の種類と原因

高血圧には2種類あります。

本態性高血圧

高血圧の85~90%が本態性高血圧といわれており、原因がはっきりしていない

≪考えられる原因≫

✅食事

✅アルコール

✅肥満・運動不足

二次性高血圧

高血圧の10~15%がこの高血圧です。二次性高血圧は原因がはっきりしています。

≪原因≫

✅ホルモンの分泌異常

✅内服による副作用

✅遺伝

高血圧により引き起こされる病気

脳出血、脳梗塞、大動脈瘤、心筋梗塞、眼底出血など

上記の病気は高血圧により、血管が硬く(動脈硬化)なり、血管が狭窄することで病気が引き起こされます


高血圧による症状

  • 頭痛
  • 頭重感
  • めまい
  • 嘔気
  • ほてり感
  • 顔面紅潮
  • 肩こり
  • 動悸
  • 息切れ

高血圧患者さんの看護のポイント

血圧測定を行い、その値が正常範囲内であるか判断する。

異常値であった場合

☑️高血圧時の症状(自覚症状)がないか観察する。

☑️再検する
➡右腕で測定したのならば、反対側の腕で測定してみることも必要です。左右差がある場合があるからです。

☑️測定時に患者さんに深呼吸を数回行ってもらったり、深呼吸をしながら測定すると落ち着くこともあります。

☑️血圧値をプリセプターやリーダーに報告し、対処方法を一緒に考えましょう。

☑️報告と一緒に自覚症状があるかないかも報告しましょう。

☑️主治医の判断で血圧値を高めにコントロールしている患者さんがいますので、前もって主治医より高血圧時の指示がある際はその指示に従って対処します。

☑️指示薬を使用する前に患者さんの血圧をもう一度測定してみましょう。
それでも高値である場合は降圧薬を使用しますが、使用した後の観察も重要です。

降圧薬の使用により、逆に低血圧になる危険性がある。

降圧薬を使用しても血圧が下がらない。

上記の時は報告し、直接主治医の判断が必要になります。

治療薬

主に降圧薬を内服や注射で投与します。

治療に関しては主治医の治療方針に沿って行われます。

生活習慣の見直し

高血圧になる原因を全項目でお話ししましたが、その原因を見直すと高血圧が改善することが可能です。

日本生活習慣予防協会より推奨されている方法は、

食事管理

⚠️塩分を控える

塩分を採りすぎると、血液中の塩分濃度が濃くなります。
その塩分は体内の水分を伝って血液量が増えます。
血液量が増えることで血管の壁に強い力がかかるため動脈硬化が起きます。

体重管理

⚠️適度な運動

肥満な状態であるかをBMIなどで判断し、運動不足を促す必要があります。
BMIとは、Body Mass Indexの略語でボディマス指数・体格指数を表します。
計算方法は、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で値が出ます。

日本肥満学会のによる基準では

✅18.5未満が低体重(やせ)

✅18.5以上25未満が標準体重

✅25以上が肥満

肥満は1~4段階に分類されています。

なぜ肥満を改善すると高血圧が改善されるかというと、
肥満による脂肪組織から血圧を上げようとする成分が出るため、肥満が改善されると血圧も落ち着くという仕組みです。

まとめ

📔高血圧の基準や原因を知ることで患者さんの状態をアセスメントする際に活用することができます。

📔アセスメントがしっかりできていると、今後の看護のポイントが明確化されますよね。

📔高血圧による二次的な病気を考えることができると、患者さんの急変にも早急に対応することができるようになります。

📔患者さんに治療薬の説明や生活習慣についての指導をすることへも繋がってきます。

簡単に高血圧で片付けるのではなく、患者さんの普段の生活に寄り添った看護を提供していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました